生涯現役の志! ゴール(人生の目的)

こんにちは!office-asaji代表 佐々木麻路です。平日は講師業・週末は陶芸家(夫婦で陶芸体験工房を営む)という2つの事業をスタートして早5年が経ちました。

この出立ちは、私の人生においてとても自然に始まったものです。ところが、最近の未来の働き方というものを眺めていると、人生100年時代の働き方は、このような働き方が主流?となるようです。

以前、講師仲間の澤瀬典子さんがこのメーリングで「マルチジョブフォルダー」(経験を活かして複数の事業所に所属して働く)のご紹介をしていただいた記憶がありますが、一人の存在が、複数の企業に属し働くことがこれからの時代にやってくる。

働き方の未来2035という、厚生労働省が発表した複業という働き方。未来のテクノロジーの変化は「企業」の在り方も変えるという記事を読みました。

現在は、A企業一つに雇用関係を結ぶ(メンバーシップ型)がまだまだ大半を占めますが、これからの未来は、A企業と雇用関係・B企業と業務委託・C企業と雇用関係・D社会法人と社会貢献活動。といったように、一人の人間が複数の仕事の場を持つこと(複業)が一般化されてくるといった内容です。

画像の説明

おぉ、これってまさに地の時代(固定型)から風の時代(流動型)への変化なのかもしれないな〜と私は感じました。メンバーシップ型のように人に仕事をつけるのではなく、仕事に人をつけるジョブ型への移行。教育(研鑽)も報酬も自分次第になってくる!

だからこそ、思うのは今目の前の仕事をしっかりとやる事。主体的に働くこと。これが自分自身の未来に繋がると私は感じます。今ある経験値や、体験が自分自身の宝物になって、次のステージに必ず役に立つ。

意識は、「生涯現役の志」です。そしてもう一つ、コーチング的にお伝えすれば、
生涯現役の自分は他人になんと覚えられたいか・・・。
これは人生の目的(ゴール)です。

例えば・・
・親切で優しい人だったね。
・正確で誠実な仕事をする人だったね。
・笑顔がいつも美しい人だったね。
・パワフルで明るかったね。

こういう目的が自分の中ではっきりすると、それは自分の揺るぎない軸となって、ぶれない生き方ができるようになります。

目の前の仕事をするときも、コミュニティの中にいるときも、家庭の中でも、果たして自分は今、自分の目的のように働いているだろうか?人と関わっているだろうか?こんな意識が自分に芽生えるようになります。今携わっている仕事も生き方も一人の人間が行なっている事。バラバラではなく全て繋がっているのです。

同じ能力のスペシャリストが居たとして、
この仕事を任せるにはぜひ○○さんだよね!
○○さんにやってほしいよね。
そう言ってもらえるような人間性(ヒューマンスキル)の構築。
年齢が上がれば上がるほど、何を任せられるかが際立ってくる。

持続可能な働き方の模索時代。
何事かにスペシャルな自分自身をつくっていく。それは何かものすごく特別な事でなければならない!というのではなく、自分の好きな事や興味あることが結果的に今の自分の仕事と融合してスペシャルになる・・・。という自然な事なのではないだろうか?と私は思います。

気候の良くなるこの秋に、さて、私の人生の目的って何だろうな・・。
そんなことを考えてみることおすすめします。

おっと、ちなみに現在の私の人生の目的は「美しい生き方か否か」です。
何事をやるにしても、今の言動行動は美しいか?です。
油断すると、美しくないことをやってしまい反省の日々です。^^;;

コメント


認証コード6246

コメントは管理者の承認後に表示されます。