夢10メルマガ4月号 vol.30 澤瀬 典子

3月下旬早朝のこと、連日降った雨が嘘のように晴れ上がり、東の
空に木星、火星、土星が並んでいました。
自分が生かされている空間を感じるひとときです。

さて、この1月の間に、新型コロナウイルス感染症の影響で世の中
が一変してしまいました。

政府からの対応策が連日のように発表されていますが、大きく分類
すると3つ、感染症そのものに対する対応、小学校休業等への対応、
そして企業等の経済縮小への対応です。

特に経済縮小については、観光や飲食、各種イベントや研修に関連
する業種が急激な冷え込みを見せているところ、これからどれだけ
の業種に影響が出て、いつまで続くかわからない不安があります。

政府の資金繰り支援、一時休業で従業員に支給する休業手当に対
する助成、社会保険料の納付猶予などの支援はあるものの、雇用
を維持できる企業と、体力がなく廃業する企業に二分される状況
が加速しそうです。

新型コロナ騒ぎですっかり影が薄くなりましたが、働き方改革の
同一労働同一賃金に関する法律が4月1日施行となりました。

中小企業は1年間猶予されるものの、派遣業は猶予なしとのことで
待ったなしの厳しい対応を迫られています。
派遣単価の上昇により短期的な人材の確保も資金的に難しくなる
ことが予想されます。

いずれにしても、今この状況のみに振り回されることなく、長期的
にどう舵取りしたいかを考えていく必要がありそうです。

健康といえば、改正健康増進法も4月1日全面施行になりました。
受動喫煙防止対策もチェックが必要ですね。

コメント


認証コード6072

コメントは管理者の承認後に表示されます。